• 印刷する

B・スチール、引受先決まる トルコ軍年金基金と暫定合意

トルコ軍年金基金を運営するオヤック(Oyak)は16日、英鉄鋼会社ブリティッシュ・スチールを買収することで暫定合意したと発表した。ブリティッシュ・スチールは5月に経営破綻してから引受先を探していたが、ようやくこれに終止符が打たれる格好。今後は、オヤックの投資部門アタエル(Ataer)・ホールディングが向こう2カ月間、ブリティッシュ・スチールに対するデューデリジェンス(買取事前調査)を実施する。

アタエル・ホールディングは、トルコの鉄鋼最大手エルデミール(Erdemir)の株式50%を保有する。アタエルは世界各地の鉄鋼企業の買収に乗り出す方針で、ブリティッシュ・スチールの買収をその第一歩と位置付けているという。デューデリジェンスは10月まで行い、問題がなければ、買収は年内に完了する見込み。ただ、オヤックは、取引額やブリティッシュ・スチールが抱える従業員の移管などについては明らかにしていない。

ブリティッシュ・スチールは黒字転換に向け、莫大な設備投資を必要としているが、オヤックにはこれを提供する財力があるとみられている。ブリティッシュ・スチールは国内2位の鉄鋼会社で従業員数は5,000人。イングランド北東部に約4,000人を擁するスカンソープ(Scunthorpe)工場のほか、ティーサイド(Teesside)工場を有する。また、フランスとオランダにも鉄鋼関連製品の設備を構える。[M&A]


関連国・地域: 英国トルコ
関連業種: 鉄鋼・金属金融

その他記事

すべての文頭を開く

英首相、欧州委員長と初会談 EU離脱の合意成立に意欲(09/17)

ファースト・グループ、英バス事業を分離へ(09/17)

銀行の決済収入、新興企業台頭で15%減も(09/17)

EDFとセントリカ、英原発の権益売却へ(09/17)

独アルディ、向こう2年で店舗新設を加速(09/17)

ドイツ銀前CEO、英資産運用マンの会長に(09/17)

英警視庁、EU離脱団体への捜査を打ち切り(09/17)

サウジアラムコ、英に非金属開発センター(09/17)

香港、HSBCに罰金=通話録音怠る(09/17)

LSE、買収提案を拒否 HKEX提示案に「根本的懸念」(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン