海運マースク、第2四半期は9倍弱に増益

デンマークの海運大手APモラー・マースクは15日、第2四半期(4~6月)の継続事業ベースの純利益(特別損益除く)が1億3,400万ドルとなり、前年同期の1,500万ドルから9倍弱に増加したと発表した。事業再編によるシナジー効果が、予想より早く表れたことが貢献した。なお、同…

関連国・地域: デンマーク
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

海運マースク、越北部に物流センターを開設(12/13)

デンマーク、洋上風力発電の人工島建設へ(12/12)

EU、資金洗浄対策で規制機関の権限強化へ(12/09)

エルステッド、グリーン水素試験に投資へ(12/06)

NEC、デンマーク社の情報管理事業を買収(12/06)

NAS、北欧発着の一部長距離便を終了へ(11/28)

レゴ、香港の通販サイトに出店(11/28)

飛行体験の中国社、レゴランドに商品納入(11/25)

海藻由来のバイオ燃料、時速80キロ達成(11/22)

海運マースク、第3四半期は2.5倍弱に増益(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン