海運マースク、第2四半期は9倍弱に増益

デンマークの海運大手APモラー・マースクは15日、第2四半期(4~6月)の継続事業ベースの純利益(特別損益除く)が1億3,400万ドルとなり、前年同期の1,500万ドルから9倍弱に増加したと発表した。事業再編によるシナジー効果が、予想より早く表れたことが貢献した。なお、同…

関連国・地域: デンマーク
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

玩具レゴ、香港の売上高が6割減少(09/17)

デンマーク中銀、譲渡性預金金利を引き下げ(09/16)

ノルデア銀、競合の元トップをCEOに選任(09/06)

住みやすい都市、ウィーンが再び世界首位(09/05)

玩具レゴ、上半期は16%減益=160店新設へ(09/04)

MHIヴェスタス、三菱電機と供給契約(08/30)

トランプ米大統領、デンマーク訪問を延期(08/22)

デンマークで世界最大の電動フェリーが就航(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン