肥料K+S、第2四半期は96.3%増益

独肥料大手K+Sは15日、第2四半期(4~6月)のEBIT(利払い・税引き前利益)が2,630万ユーロとなり、前年同期比96.3%増加したと発表した。肥料価格が上昇したことに加え、ドイツとカナダの工場で生産量が増えたことが貢献した。 売上高は8.2%増の8億7,850万ユーロ。欧…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

決済SIBS、独社のルーマニア事業を取得(09/30)

独、コロナ規制強化を検討 パーティーや酒類販売に制限(09/30)

DIYホルンバッハ、ルーマニアに新店舗(09/30)

インフレ率、9月はマイナス0.2%(09/30)

ウーバー、ダイムラーとBMWの合弁取得も(09/30)

JALなど、ボロコプターの日本進出を支援(09/30)

VWとウーバー、独で中古EVを試験運用(09/30)

配車カリーム、ベルリンなどで100人雇用へ(09/30)

メルセデス、台湾に物流センター建設(09/30)

シーメンス・エナジーが上場 時価総額は約160億ユーロ(09/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン