シュタインホフ、仏事業で雇用削減検討

小売りチェーンを展開する南アフリカのシュタインホフ(Steinhoff)・インターナショナル・ホールディングスは13日、2017年12月の不正会計発覚以降で初の投資家説明会を開催し、非中核資産を売却し小売り事業に専念することで経営を立て直す方針を示した。 同社のルイ・デュプリア…

関連国・地域: フランスアフリカ
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

豪カンタス、長距離旅客機にエアバスを選択(12/16)

HCSF、住宅ローン融資基準の順守を勧告(12/16)

香港社、CMAの複数のコンテナふ頭を買収(12/16)

FCAとPSA、経営統合巡り17日に協議か(12/16)

鶏肉LDCトランジット、加工食品企業買収(12/13)

仏労組CGT、クリスマス期間もスト継続へ(12/13)

シトロエン、印で10店舗開設=来秋にSUV(12/13)

仏政府、年金改革の詳細発表 公平さ強調も労組は抵抗の構え(12/12)

エールフランス、自動荷物運搬車を試験運用(12/12)

トタル、星にアジア太平洋統括拠点を開設(12/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン