化学ヘンケル、第2四半期は7%減益

独総合化学大手ヘンケルは13日、第2四半期(4~6月)の純利益が5億5,400万ユーロとなり、前年同期比7.4%減少したと発表した。美容部門が不振だったほか、主力の工業用接着剤部門は自動車産業向けが低調で生産量が落ち込んだ。 売上高は51億2,100万ユーロと継続事業・恒常為替…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 化学マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ティッセンの昇降機事業、10社が入札検討(10/23)

電動小型機リリウム、時速100キロ突破(10/23)

ドイツ鉄道、子会社アリバの売却を見送りか(10/23)

ソフトウェアAG、第3四半期は7%増益(10/23)

コンチ、パワートレイン部門を分離・上場へ(10/23)

DHL、インドネで格安運送事業を開始(10/23)

独で農家が抗議活動=トラクターで道ふさぐ(10/23)

ドイツ経済、第3四半期もマイナス成長か(10/22)

チェコ出版CMI、独プロジーベンに出資(10/22)

SAP、米マイクロソフトとクラウド契約(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン