PSAと東風汽車の合弁、レイオフを計画か

仏グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)と中国自動車大手の東風汽車集団(DFG)の合弁乗用車メーカーである神竜汽車は、従業員のレイオフに踏み切る見通しだ。販売減による稼働率の低迷が理由という。第一財経日報が12日伝えた。 それによると、レイオフは早け…

関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 自動車・二輪車雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

R・ロイス、原子力事業売却巡り仏社と協議(08/22)

小売りカジノ、20億ユーロの資産を追加売却(08/21)

EDF、エジプトで太陽光発電所の運転開始(08/21)

ルノー、印で「トライバー」の予約開始(08/21)

ルーヴル美術館、今秋から完全予約制に(08/21)

ジョンソン首相、独仏歴訪へ G7サミット前にEU離脱で協議(08/20)

ベーカリーのポール、タイで10店舗新設へ(08/20)

パリ郊外の軽食店で従業員が撃たれて死亡(08/20)

エアバス、中国民間ヘリ運用数3年で1.5倍(08/19)

インフレ率、7月は1.1%に減速=改定値(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン