広告WPP、上半期は44%減益

広告で世界最大手の英WPPグループは9日、上半期(1~6月)の税引き前利益が4億7,800万ポンドとなり、前年同期比43.5%減少したと発表した。1年前はアルゼンチンのソフトウエア会社グロバント(Globant)の株式放出による特別利益を計上しており、この反動が大きい。 売上…

関連国・地域: 英国アジア米国アフリカ中東中南米カナダ欧州
関連業種: 金融サービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

下院、3日間の審議日程否決 離脱協定法案が第2読会通過も(10/23)

投資プロサス、ジャスト・イートに対抗買収(10/23)

北ア、中絶が非犯罪化=同性婚は合法化(10/23)

ドイツ鉄道、子会社アリバの売却を見送りか(10/23)

資源リオ、米鉱山の尾鉱でリチウム生産も(10/23)

GSK、ババリアンに渡航ワクチン2種売却(10/23)

石油BP、スエズ湾油田権益の売却完了(10/23)

レボリュート、年末までに米国でカード発行(10/23)

政府、EVに緑色のナンバープレート導入へ(10/23)

離脱協定案の再採決を認めず 下院議長「繰り返し、秩序乱す」(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン