チェルノブイリの禁止区域でウオッカ製造

ウクライナのチェルノブイリ原子力発電所事故後の立ち入り禁止区域で、英ポーツマス大学の教授らが「放射性物質汚染フリー」のウオッカを生産した。禁止区域で栽培された穀物を用いており、収益の一部を地域の経済復興に充てる狙い。ポーツマス大学が8日発表した。 同大学の環…

関連国・地域: 英国ウクライナ
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ウクライナ新車登録台数、4月は3倍に増加(05/06)

エストニアの島、欧州の地理的中心を主張(05/06)

ナフトガス、業績不振で政府が会長解任(04/30)

東欧4カ国、LGBT差別が経済押し下げも(04/29)

ロシア軍、ウクライナ国境から一部撤退(04/26)

チェコ、ロシア外交官18人を追放=露も報復(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン