• 印刷する

ドイツポスト、3%増益 小包の取扱量が増加=第2四半期

独郵便・物流大手ドイツポストDHLは6日、第2四半期(4~6月)のEBIT(利払い・税引き前利益)が7億6,900万ユーロとなり、前年同期比2.9%増加したと発表した。電子商取引(eコマース)の急成長を背景に、小包の取扱量が増えたことが大きい。

売上高は3%増の154億8,000万ユーロ。ドイツ国内の郵便・小包事業を手掛けるポスト・アンド・パーセル(P&P)部門が36億4,700万ユーロと、1.5%増えたほか、国際宅配便を扱うエクスプレス部門は4.8%伸びている。貨物の国際輸送を手掛けるグローバルフォワーディング・フレート部門は2.5%増加。サプライチェーン部門は1.2%、eコマース・ソリューション部門は6.2%それぞれ拡大した。

グループ全体のEBITベースの利益率は5%と、1年前から横ばい。純利益は11.2%減の4億5,800万ユーロだった。

ドイツポストDHLは、現在進めている事業再編政策と7月に実施された郵便料金引き上げにより、下半期は業績のさらなる改善が見込めると予想。通年については、EBITが40億~43億ユーロに拡大し、うちP&P部門の貢献は11億~13億ユーロに達するとして、従来予想をそれぞれ上方修正した。また、グループのEBITは2020年に50億ユーロ超になるとの見通しを改めて示している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

オンライン食品販売Oda、2.2億ユーロを調達(04/09)

チェコ保健相、コロナ以降で3度目の交代(04/09)

独財政収支、13年以来の赤字 新型コロナ対策で歳出大幅増加(04/09)

ドイツ、短期ロックダウン導入の可能性も(04/09)

コンチネンタル、旧合弁事業買収で承認獲得(04/09)

製造業受注、2月は1.2%増加=内需好調(04/09)

伊・西、英製ワクチン投与を60歳以上に制限(04/09)

EU各国、英国製ワクチン対応で合意至らず(04/09)

ドイツ機械受注高、2月は12%増加(04/09)

垂直離着陸機リリウム、サウジ研究所が出資(04/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン