• 印刷する

独新車登録台数、7月は4.7%増加

ドイツ連邦陸運局(KBA)は2日、7月の新車登録台数が33万2,788台となり、前年同月比4.7%増加したと発表した。最大手のフォルクスワーゲン(VW)が不調だったものの、全体では2カ月ぶりのプラスとなった。

メーカー別に見ると、ドイツ車はVWが6.9%減少。半面、仏グループPSA(旧プジョー・シトロエン・グループ)傘下のオペルは23.2%増えた。

高級車はBMWが32%増加。一方、VW傘下のアウディは14%落ち込み、ポルシェは21.9%減少した。ダイムラーはメルセデス・ベンツが22.4%増えたが、超小型車スマートは18.1%縮小した。

外国メーカーは米フォードが26.8%のプラス。フランス勢はプジョーが10.3%増えた一方、姉妹ブランドのシトロエンは11.1%減少した。ルノーは27.3%落ち込んだ。

日本勢は、トヨタ自動車(レクサス除く)が6.1%増加。ホンダは14.6%、マツダは10.9%それぞれ増え、スズキは0.1%のプラスを確保した。半面、日産自動車は21.6%縮小。三菱自動車は8.6%減少し、スバルは36.1%のマイナスに沈んだ。

燃料別ではガソリン車が全体の58.2%を占め、販売台数は1年前から1.8%縮小。ディーゼル車のシェアは33%で、販売台数は7%増えている。ハイブリッド車(HV)のシェアは6.5%、電気自動車(EV)は1.8%だった。

1~7月の累計登録台数は全体で218万1,788台となり、1年前を1.2%上回っている。

■輸出は6%減

独自動車工業会(VDA)によると、加盟メーカーの7月の輸出台数は28万8,000台となり、前年同月比で6%減少。生産台数は5%減の35万9,400台だった。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツ銀も資金洗浄黙認か 米国から流出のフィンセン文書(09/23)

ドイツ銀、国内の支店網2割を閉鎖へ(09/23)

ルフトハンザ、航空機をさらに150機削減へ(09/23)

TUI、3億ユーロのコスト削減策に着手(09/23)

ドイツ、アフリカ豚熱で子ブタ価格が急落(09/23)

テスラ、ベルリンに超急速充電スタンド導入(09/23)

BMWの中国合弁、バッテリー工場を拡張(09/23)

ギリシャ、難民キャンプの9千人が施設移動(09/22)

独経済、第3四半期は改善か=連銀月報(09/22)

VW、EU排ガス規制対策でMGと提携(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン