• 印刷する

シーメンス、6%減益 産業部門が不振=第3四半期

独総合電機大手シーメンスは1日、第3四半期(4~6月)の純利益が11億3,700万ユーロとなり、前年同期比6%減少したと発表した。デジタル・インダストリーズ部門と電力・ガス部門が不振だった。

売上高は4%増の212億7,500万ユーロ。スマート・インフラストラクチャー(SI)部門は5%増加した。スピンオフ(事業の分離・独立)したヘルスケア部門「ヘルシニアーズ(Healthneers)」は8%、風力発電・再生可能エネルギーのシーメンスガメサ・リニューアブル・エナジーは23%それぞれ拡大している。一方、電力・ガス部門は4%減少。デジタル・インダストリーズ(DI)部門と鉄道などを手掛けるモビリティー部門は共に1%落ち込んでいる。

シーメンスは昨年8月、事業再編計画「ビジョン2020+」を発表。これにより今年4月から、産業向けは電力・ガス部門、SI部門、DI部門の3部門体制となった。

受注高は全体で245億1,400万ユーロと8%増加。シーメンスガメサが42%拡大したほか、ヘルシニアーズとモビリティー部門も2桁の伸びを示した。半面、電力・ガス部門とDI部門はマイナスに沈んでいる。

産業向け事業の利益は12%減の19億3,500万ユーロ。うち電力・ガス部門は37%縮小した。産業向け事業の利益率は9.6%と、1.7ポイント低下した。

シーメンスは通期について、出荷受注比率が1を超えるほか、産業向け事業の利益率が目標レンジである11~12%の下限になるとの見通しを維持している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 電機マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独、渡航自粛勧告を見直し 感染状況に応じて各国個別に判断(10/02)

ドイツ政府、在宅勤務の権利を法制化へ(10/02)

VW、年内に戦略上の重要発表も=CEO(10/02)

コンチネンタル、事業再編で最大3万人整理(10/02)

グラマー、ハーマンと音響ヘッドレスト開発(10/02)

メルク、台湾で半導体材料の生産拡大へ(10/02)

独アイオータ、NTTデータやJLRと提携(10/02)

独、通信機器企業のガバナンス監督強化へ(10/01)

ティッセン、事業再編で800人削減へ(10/01)

DHL、EU離脱で英国宛速達に追加料金へ(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン