公益事業エンジー、上半期は0.6%増益

仏公益事業大手エンジー(Engie、 旧GDFスエズ)は30日、上半期(1~6月)のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が53億2,100万ユーロとなり、前年同期比0.6%増加したと発表した。為替差損が足を引っ張ったものの、タイの発電事業会社グロウ・エナジーの売却益が押し…

関連国・地域: フランスアジア米国アフリカ中東中南米カナダ欧州
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

家計からの税収、来年度は90億ユーロ減少か(09/17)

ダッソー、EV開発で印社と提携(09/17)

EDFとセントリカ、英原発の権益売却へ(09/17)

イルドフランス圏、電動自転車購入に補助金(09/17)

重電アルストム、複合企業ブイグが株式売却(09/16)

仏当局、課税回避巡り米グーグルと和解(09/16)

仏下院議長、不動産取引の不正で捜査(09/16)

EDF、UAE社と再生エネ投資で合弁(09/16)

パリで公共交通機関の職員がスト(09/16)

インフレ率、8月は1%に減速=改定値(09/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン