通信機器ノキア、第2四半期は赤字縮小

フィンランドの通信機器大手ノキアは25日、第2四半期(4~6月)の純損失が1億9,100万ユーロとなり、前年同期の2億7,100万ユーロから赤字が縮小したと発表した。北米などで需要が旺盛だったほか、第5世代(5G)通信網の関連事業が力強く伸びた。 売上高は56億9,400万ユーロ…

関連国・地域: フィンランド
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

DMP、フィンランド社と電子ミラー開発(07/03)

BASF、欧州に計画通りEV電池材料工場(06/30)

ノキア、仏事業アルカテルで1233人整理へ(06/23)

通信テリア、トルクセル株売却=トルコ撤退(06/19)

フィンランド、15日から近隣国への渡航解禁(06/15)

通信機器ノキア、CFO交代へ(06/12)

通信エリサなど3社、5G周波数帯を落札(06/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン