• 印刷する

ルノー、上半期は48.6%減益 需要減や日産の業績悪化響く

仏自動車大手ルノーは26日、上半期(1~6月)の純利益が10億4,800万ユーロとなり、前年同期比48.6%減少したと発表した。自動車市場の需要減退や、連合を組む日産自動車の業績不振が響いた。

売上高は6.4%減の280億5,000万ユーロ。うち主力の自動車部門(アフトバスを除く)は247億9,100万ユーロと7.7%落ち込んだ。ルノー・日産自動車連合が共同出資する露アフトバス(AvtoVAZ)は5.4%増の15億5,700万ユーロだった。金融サービス部門は5.5%拡大している。

営業利益は16億5,400万ユーロと13.6%減った。中でも、自動車部門(アフトバスを除く)は9億8,100万ユーロと19.3%落ち込んでいる。グループの営業利益率は5.9%と、1年前から0.5ポイント低下した。

なお、ルノーの上半期の世界販売台数(小型商用車含む)は前年同期比6.7%減の193万8,579台となった。うち足元の欧州が107万641台と横ばいだったが、欧州以外の販売は13.9%落ち込んだ。

ルノーは今年について、世界の自動車市場は3%程度縮小すると予想。従来見通しのマイナス1.6%からさらに引き下げた。欧州は、英国の合意なき欧州連合(EU)離脱の影響を考慮しない場合は前年の水準を維持するとみている。また、ロシアは2~3%縮小すると見ており、3%拡大するとの前回予測を下方修正。ブラジルは8%伸びるとしたものの、こちらも前回予測(プラス10%)から引き下げた。これらを鑑み、同社は通期の売上高が前年並みになると見込む一方、グループの営業利益率は6%程度との見通しを維持した。


関連国・地域: フランス
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、減産見通しを50万台に大幅修正(10/25)

米FB、転載料支払いで仏新聞団体と合意(10/25)

ソフトバンク、仏ロボ事業売却で独社と協議(10/25)

日本ペイント、建築用塗装クロモロジー買収(10/25)

極右のゼムール氏、出馬なら決選投票進出も(10/25)

米政府、デジタル税巡り欧州5カ国と合意(10/25)

欧州北部で暴風雨の被害=ポーランドで死者(10/25)

ジオポスト、UAEの物流会社に20%超出資(10/22)

アルストム、スペインで年内に200人超採用(10/22)

自動車ルノー、半導体不足で30万台減産か(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン