タイヤのミシュラン、上半期は8%減益

タイヤで欧州最大手の仏ミシュランは25日、上半期(1~6月)の純利益が8億4,400万ユーロとなり、前期比8%減少したと発表した。値上げやコスト削減などの対策を講じたものの、世界的な自動車生産の縮小傾向が響いた。 売上高は11.1%増の117億8,100万ユーロ。うち自動車部門は…

関連国・地域: フランス
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ブイグ通信部門、従業員2割をレイオフへ(03/31)

英国、エアバスなどに人工呼吸器1万台発注(03/31)

仏、コロナ重篤者を特別列車で別地域へ移送(03/31)

仏政府、国が株式保有の企業に無配を要請へ(03/30)

三菱商事、ルノー株10%取得か(03/30)

仏消費者信頼感、3月は低下(03/30)

トタル、リベリア・シエラレオネ事業を売却(03/30)

エアバス、英独で翼の生産縮小=新型コロナ(03/27)

製造業景況感、3月は悪化(03/27)

仏、新型コロナ対策に軍投入=物流など支援(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン