テレフォニカ、第2四半期は4.5%減益

スペインの通信大手テレフォニカは25日、第2四半期(4~6月)の純利益が8億6,200万ユーロとなり、前年同期比4.5%減少したと発表した。携帯電話の売り上げと主要市場での業績は伸びたものの、為替差損がこれを相殺した。 売上高は121億4,200万ユーロと、継続事業・恒常為替レ…

関連国・地域: スペイン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド政府、洋上風力発電で業界と合意(07/03)

スペイン新車登録、6月は36.7%減少(07/03)

スペイン中銀、観光依存経済の脱却を提言(07/03)

スペイン失業者数、6月は5千人増加(07/03)

セアト、新モビリティーブランドを立ち上げ(07/02)

スペインGDP、確定値も5.2%縮小(07/01)

スペイン、石炭火力発電所の半数を閉鎖(07/01)

スペインインフレ率、6月はマイナス0.3%(06/30)

スペイン、レイオフ制度を9月末まで延長へ(06/29)

英仏など、米にデジタル課税の段階的導入案(06/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン