石油トタル、第2四半期は19%減益

仏石油メジャーのトタルは25日、第2四半期(4~6月)の純利益(在庫評価変動の影響と特別要因除く)が28億8,700万ドルとなり、前年同期比19%減少したと発表した。原油価格の低下といった市場環境が逆風となり、全部門が軒並み落ち込んだ。 売上高は2%減の512億4,200万ドル。…

関連国・地域: フランスロシアアジア中東
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EDF、原発の年間発電量目標を下方修正(11/15)

インフレ率、10月は0.8%に減速=改定値(11/15)

ドイツ銀、仏BNPへの事業移管で承認獲得(11/15)

複合企業ブイグ、1~9月期は10%増益(11/15)

ファストリ、倉庫自動化で日仏企業と提携(11/15)

ミシュランガイド、台湾で評価都市を追加か(11/15)

仏中銀、第4四半期GDP成長率は0.2%(11/14)

アルストム、越地下鉄の車両完成(11/14)

中国、ユーロ国債の発行を仏で16年ぶり再開(11/14)

仏などの次期欧州委員候補、第一関門を通過(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン