通信オレンジ、第2四半期は0.9%増益

仏通信大手オレンジ(旧フランステレコム)は25日、第2四半期(4~6月)のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益、特別要因除く)が33億7,500万ユーロとなり、継続事業・恒常為替レートベースで前期から0.9%増加したと発表した。中東やアフリカが好調だった。 売上高は10…

関連国・地域: フランス
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー会長「来年までに日産と関係修復を」(10/23)

欧州委、来年度予算巡り仏伊に説明求める(10/23)

エアバス、カンタス長距離便の候補機を発表(10/23)

ペルノ・リカール、印市場第3四半期は増収(10/23)

仏農家、政府の農業政策に反発し抗議活動(10/23)

金融BNPパリバ、西オールファンズと提携(10/22)

トタル、浙能集団と船舶燃料の合弁設立(10/22)

通信オレンジ、ニジェール事業売却へ(10/22)

化粧品クラランス、上海に開発拠点=国外初(10/22)

ルノー、通期の業績見通しを下方修正(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン