通信オレンジ、第2四半期は0.9%増益

仏通信大手オレンジ(旧フランステレコム)は25日、第2四半期(4~6月)のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益、特別要因除く)が33億7,500万ユーロとなり、継続事業・恒常為替レートベースで前期から0.9%増加したと発表した。中東やアフリカが好調だった。 売上高は10…

関連国・地域: フランス
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ベーカリーのポール、タイで10店舗新設へ(08/20)

ジョンソン首相、独仏歴訪へ G7サミット前にEU離脱で協議(08/20)

パリ郊外の軽食店で従業員が撃たれて死亡(08/20)

エアバス、中国民間ヘリ運用数3年で1.5倍(08/19)

インフレ率、7月は1.1%に減速=改定値(08/16)

失業率、第2四半期は過去10年半で最低(08/15)

シュタインホフ、仏事業で雇用削減検討(08/15)

プジョー、マレーシアで現地生産SUV販売(08/15)

バンシ、豪ホバート空港の買収に関心(08/14)

PSAと東風汽車の合弁、レイオフを計画か(08/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン