• 印刷する

大統領の新党が第1党に ウクライナ議会選、他党に大差

ウクライナで21日、最高会議(一院制、定数450)の解散総選挙が行われ、ゼレンスキー大統領率いる新党「国民の奉仕者」が第1党の座を確実なものとした。選挙管理委員会の発表では22日午後6時半(現地時間、開票率76.34%)の時点で、同党の得票率は42.77%と他党に大差をつけており、4月の大統領選挙で圧勝した勢いを維持した。

他党の得票率を見ると、親露派の「野党連合」が12.99%で2位に付け、これにポロシェンコ前大統領率いる「欧州連帯」が8.35%で続いた。他に議席獲得に必要とされる5%以上を確保したのは「祖国」(8.08%)と、人気ロック歌手のワカルチュク氏率いる「声」(6.12%)で、ゼレンスキー大統領はかねて「声」を連立候補とする考えを示している。

ゼレンスキー大統領は21日の投票後、「大統領、首相、最高会議が国民の生活を幸せにするために協力しなければならない」とコメント。主要課題は投資、民主主義、安全性だとした。

人気コメディアン・俳優として知られたゼレンスキー氏は4月の大統領選で、既存政治家に対する国民の不満を取り込んで汚職撲滅を訴え、ポロシェンコ前大統領に圧勝。しかし、ゼレンスキー氏の党は議会で議席を持たないため、5月に最高会議の解散を命じる政令に署名していた。


関連国・地域: ウクライナ
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

メルケル前首相「対露の影響力失っていた」(11/28)

欧州議会、露を「テロ支援国家」に認定(11/25)

ウクライナ産穀物輸出合意、120日間延長へ(11/18)

ポーランド東部にミサイル着弾、2人死亡(11/17)

露、穀物合意巡り「制裁の一部解除必要」(11/15)

ズベルバンク、スイスのグレンコア提訴(11/08)

<編集長's View>欧州で原発再興、日本の教訓かすむ エネルギー高騰、相次ぐ方針転換(11/08)

G7外相会合、ウクライナ越冬支援を協議(11/07)

パリでウクライナ支援の国際会議開催へ(11/03)

露、ウクライナ産穀物輸出の合意に復帰(11/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン