ヘンケル、タイ工場スマート化でコスト削減

独総合化学大手ヘンケルのタイ法人、ヘンケル(タイランド)は、タイ東部チョンブリ県のアマタシティーチョンブリ工業団地で操業する接着剤製造工場をスマートファクトリー化したことで、生産コストを12%削減したと明らかにした。 同工場では、2015年から産業用ロボットやファク…

関連国・地域: ドイツアジア
関連業種: 化学その他製造建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

VW、トルコ以外の工場建設地模索せず(10/24)

VW、ガーナでモビリティー事業拡大を計画(10/24)

コンチ、業界不振で25億ユーロを減損処理へ(10/24)

テラキ、エッジプロセッシング技術を改良(10/24)

ドイツ銀、タイ企業との取引を拡大へ(10/24)

現代自、ドイツのシェアが4.8%=過去最高(10/24)

ティッセンの昇降機事業、10社が入札検討(10/23)

電動小型機リリウム、時速100キロ突破(10/23)

ドイツ鉄道、子会社アリバの売却を見送りか(10/23)

ソフトウェアAG、第3四半期は7%増益(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン