• 印刷する

ウィリアム・ヒルが大規模閉鎖 700店舗対象、賭博規制が逆風に

英国のブックメーカー、ウィリアム・ヒルは4日、700店舗の閉鎖を検討していると明らかにした。政府が新たに導入した賭博規制で売上高が激減したためで、従業員の3割強に当たる4,500人が失職の危機にさらされている。

英国では4月、スロットマシーンなど賭博を目的としたゲーム機の1回当たりの掛け金の上限が、これまでの100ポンドから2ポンドに引き下げられた。こうしたゲーム機がギャンブル依存症などの社会問題を招いているという批判や、20秒ごとに最大100ポンドをつぎ込めるため、利用者が大金を失う可能性があるとの懸念が高まっていたことが背景にある。

同社は3月、新規制により年間の売上高が最大1億ポンド減少するほか、900店舗の閉鎖につながりかねないとの見通しを示していた。

ウィリアム・ヒルは現在、閉鎖計画を巡り各店舗と協議を進めており、年内には手続きに着手する見込み。人員整理では希望退職者を募るほか、配置転換などで対応する方針を示している。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 小売り・卸売りメディア・娯楽雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

保守党、移民数削減を公約 具体的目標や手法示さず(11/15)

ノルウェー政府基金、英G4Sの株式売却(11/15)

小売売上高、10月は0.1%減少(11/15)

ナショナル・グリッド、上半期は23%減益(11/15)

バーバリー、上半期は11%増益(11/15)

ロイヤル・メール、高裁がスト計画差し止め(11/15)

BHP、豪石油ガス資産の売却を検討か(11/15)

MaaSグローバル、BPなどが出資(11/14)

労働党、NHS予算拡大も 保守党上回る公約掲げる(11/14)

インフレ率、10月は1.5%に減速(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン