【外国企業の日本戦略】木村隆之ボルボジャパン社長 「一番のプレミアム」で生き残り

国産車も含めた「日本カー・オブ・ザ・イヤー」で、スウェーデンのボルボ車が「輸入車」としては初の2年連続本賞を受賞した。2018年に同賞を受賞したスポーツタイプ多目的車(SUV)「XC40」は10カ月近い納車待ちだ。「ボルボ車に乗ると日本車には戻りたくない人がほとんど」…

関連国・地域: 英国スウェーデン
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

ボルボ、マレーシア組み立てモデルを発売(05/26)

イケアのタイ事業、2期連続減収を予測(05/22)

ボルボ・カーズ、タイで販促=販売回復へ(05/22)

北欧諸国、スウェーデンとの渡航緩和に慎重(05/21)

イケア、21年に星に小型店舗=東南アジア初(05/14)

エレクトロラックス、第1四半期は黒字復帰(05/13)

VW、ノースボルトとの電池合弁に追加投資(05/13)

スウェーデンの牧草地に1人用レストラン(05/12)

ボルボ、米センサー技術ルミナーと提携強化(05/11)

ボルボ、車両購入できるネットストア開設(05/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン