ベルリン市議会、家賃の5年間据え置き決定

ドイツのベルリン市議会は18日、家賃を向こう5年間据え置くことを決めた。人口増加に伴う家賃急騰に市民から悲鳴が上がっており、左派連立体制の市政府が国内で初の措置に踏み切った。 欧州の他の都市に比べて低い家賃が魅力だったドイツの首都。それも呼び水となり、統一後は世…

関連国・地域: 英国ドイツ欧州
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

SPD、連立維持の条件提示 新党首が党大会で「機会与える」(12/09)

独コメルツ銀、ブルガリアにIT拠点開設も(12/09)

蘭政府、5G入札の調達目標は9億ユーロ超(12/09)

鉱工業生産、10月は1.7%減少(12/09)

照明機器オスラム、通期は50.6%減益(12/09)

欧州委、ノルトLBへの公的資金投入を承認(12/09)

カールツァイスメディテック、34.3%増益(12/09)

UAE投資ラスマラ、独物流施設を売却(12/09)

医薬包装ファーマ・プリント、独同業が買収(12/06)

独連立政権に四つのシナリオ SPD党大会後の出方に注目(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン