エボニック、星で飼料添加剤の新工場稼働

独化学大手エボニック・インダストリーズは、シンガポール西部ジュロン島で、動物飼料添加剤のメチオニンを製造する新工場を稼働させた。同国2カ所目のメチオニン工場となる。アジアでの需要拡大に対応する狙い。 投資額は約5億ユーロ。生産能力は年間15万トンで、新たに100人以…

関連国・地域: ドイツベルギーアジア米国
関連業種: 化学農林・水産建設・不動産雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

VW、トルコ工場の建設中止 新型コロナ流行で自動車市場打撃(07/03)

ソフトバンク、ワイヤーカードと提携解消へ(07/03)

独車の米国販売、4社が軒並み不振(07/03)

全農、BASFと栽培管理システムで協業(07/03)

ジャーマンウイングス機事故の遺族ら敗訴(07/03)

独首相、女性役員のクオータ制を支持(07/03)

失業率、6月は6.4%に悪化(07/02)

ドイツ小売売上高、5月は13.9%増加(07/02)

独企業、ノルドストリーム2への米制裁反対(07/02)

ワイヤーカード、管財人が分割売却を検討(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン