エボニック、星で飼料添加剤の新工場稼働

独化学大手エボニック・インダストリーズは、シンガポール西部ジュロン島で、動物飼料添加剤のメチオニンを製造する新工場を稼働させた。同国2カ所目のメチオニン工場となる。アジアでの需要拡大に対応する狙い。 投資額は約5億ユーロ。生産能力は年間15万トンで、新たに100人以…

関連国・地域: ドイツベルギーアジア米国
関連業種: 化学農林・水産建設・不動産雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ジョンソン首相、独仏歴訪へ G7サミット前にEU離脱で協議(08/20)

独経済、リセッション入りも 輸出落ち込みや製造業の不振響く(08/20)

ネクストムーブ、米テスラの発注取り消し(08/20)

伊内相、未成年の難民27人の上陸を許可(08/20)

イタリア料理のバピアーノ、CEOが辞任(08/20)

オペル、商用バンに死角解消カメラ導入(08/20)

三菱UFJ、ドイツでの買収を英当局が調査(08/20)

VW世界販売、2.4%減少 欧州不振で全体を押し下げ(08/19)

ドイツ銀、UBS元取締役を監査役に指名(08/19)

BASF、買収事業の一部資産を独社に売却(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン