• 印刷する

エストニア、有給出産休暇の長さで欧州首位

欧州31カ国中、母親の有給出産休暇が最も長いのはエストニア――。国連児童基金(ユニセフ)が13日発表した最新調査で、こうした事実が明らかになった。

調査はユニセフの下部組織であるイノセンティ研究所が実施。欧州31カ国に、米国や日本などを加えた先進国41カ国を対象に、有給出産休暇や就学前の子どもへの教育などを調査した。母親への有給出産休暇を見ると、欧州連合(EU)加盟28カ国にスイス、ノルウェー、アイスランドを加えた欧州31カ国の中で、エストニアが最も長い85週間を付与していた。2位は72週間のハンガリー、3位は65週間のブルガリアと続く。最下位はスイスで8週間。アイルランド(9週間)、英国(12週間)も短かった。

調査は、子どもの発育には幼少期が重要だと啓発するユニセフのキャンペーンの一環。ユニセフは最低でも6カ月間の有給出産休暇の必要性を呼び掛けている。[労務]


関連国・地域: 英国アイルランドスイスハンガリーブルガリアエストニア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ダンスケ銀エストニア元トップが遺体で発見(09/27)

【欧州企業よもやま話】第289回:クレベロン ネット注文がもっと便利に(09/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン