タイヤの独コンチ、ロウザド工場を拡張

ドイツのタイヤ・自動車部品大手コンチネンタルは11日、ポルトガル北部のロウザド(Lousado)工場を拡張し、土木機械用および港湾荷役機械用のラジアルタイヤの生産を開始すると発表した。 投資額はおよそ1億ユーロ。拡張部分は農機用タイヤの生産施設に隣接する形で建設される。…

関連国・地域: ドイツポルトガル
関連業種: 自動車・二輪車その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

ルノー・日産・三菱、V2Gの独社に出資(06/28)

【ウイークリー統計】第40回 家族形態とキャンプの行き先(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン