• 印刷する

フォード、英工場閉鎖へ 欧州事業立て直しの一環

米自動車大手フォード・モーター傘下の欧州フォードは6日、2020年9月にウェールズ南部ブリジェンド(Bridgend)のエンジン工場を閉鎖する方針を明らかにした。欧州事業の立て直しの一環で、3月には同工場で希望退職者を募ると明らかにしていた。

フォードのブリジェンド工場は1977年に操業を開始。現在はフォードの1.5リットルのガソリンエンジンの次世代版やインドの自動車大手タタ・モーターズ傘下の英高級車メーカー、ジャガー・ランドローバー(JLR)向けのガソリンエンジンなどを生産している。しかし、JLR向けは契約打ち切りが決まっているほか、フォード車向け次世代版エンジンは世界的に需要が減退している。さらに、他のエンジン工場に比べてコストがかさむ上、新規受注に恵まれなかったことから、閉鎖を決めた。スカイニュースによると、英国の欧州連合(EU)離脱とは無関係としている。

ブリジェンド工場でのフォード車向けエンジンの生産は2020年2月、JLR向けは同年9月にそれぞれ終了する予定。同工場の従業員1,700人のうち、400人は希望退職に応じており、年内に退職する。また、工場閉鎖に伴い、6億5,000万ドルの損失を計上する見込みだ。

フォードは既に、最大労組ユナイトの代表者との話し合いを開始。ロンドン東部のダゲナム(Dagenham)工場でのディーゼルエンジン生産や、イングランド北西部マージーサイド州ヘイルウッドにある同社と独自動車部品ゲトラグ(GETRAG)の合弁会社、ゲトラグ・フォード・トランスミッションズの工場でのトランスミッション生産は継続すると強調している。

フォードは5月、事業再編の一環で8月末までに世界全体で従業員7,000人を整理すると発表。ドイツでは5,000人を削減する方針で、英国では500人超が希望退職に応じている。[労務]


関連国・地域: 英国EUアジア米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

入国審査官がスト実施 ヒースロー空港=5月末から(05/21)

EU離脱後の新通関制度、費用47億ポンドに(05/21)

英韓、AIサミット共催=21日から(05/21)

アストラゼネカ、シンガポールに工場建設(05/21)

R・メール、買収案受け入れ チェコ複合企業が提示額引き上げ(05/20)

製薬GSK、ヘイリオンの残り株売却(05/20)

セインズベリー、AI活用へ=米MSと提携(05/20)

グリーン水素投資、炭素中立の妨げにも(05/20)

GFG傘下の豪製鉄所、グリーン化に遅れ(05/20)

スナク首相夫妻の資産、6.5億ポンドに増加(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン