トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題

仏石油メジャーのトタルは21日、ドイツ北東部ザクセン・アンハルト州ロイナ(Leuna)の製油所で生産調整を行っていると明らかにした。ロシア産原油の汚染問題を受けたもの。ロイター通信が伝えた。 この問題を巡っては、4月にパイプライン「ドルジバ(Druzhba)」経由で輸送され…

関連国・地域: ドイツフランスポーランドチェコスロバキアハンガリーロシアウクライナベラルーシ
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

LVMHアルノー氏、ラガルデールを救援へ(05/26)

ブイグ、5G周波数帯入札の延期を要求(05/26)

全仏テニス、延期日程は全米オープンと調整(05/26)

エールフランス、大型機A380の運航終了(05/22)

蘭会計監査院「政府のKLM株取得は違法」(05/22)

イージージェット、6月から一部の運航再開(05/22)

仏西部の食肉処理場で100人超の集団感染(05/22)

明治、ダノンとキューブ型粉ミルクで提携(05/22)

仏政府、西アフリカ単一通貨「ECO」承認(05/22)

5月は上昇もなお分岐点割れ ユーロ圏総合PMI速報値(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン