トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題

仏石油メジャーのトタルは21日、ドイツ北東部ザクセン・アンハルト州ロイナ(Leuna)の製油所で生産調整を行っていると明らかにした。ロシア産原油の汚染問題を受けたもの。ロイター通信が伝えた。 この問題を巡っては、4月にパイプライン「ドルジバ(Druzhba)」経由で輸送され…

関連国・地域: ドイツフランスポーランドチェコスロバキアハンガリーロシアウクライナベラルーシ
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

インフレ率、8月は1%に減速=改定値(09/13)

レミーコアントロー、新CEOを指名(09/13)

高級ブランドのエルメス、上半期は15%増益(09/13)

仏ミシュラン、コンチネンタルと合弁設立へ(09/13)

豪、石炭輸出をパリ協定批准国に限定(09/13)

マ販売代理店、プジョー販売数が3千台にも(09/13)

化学BASF、LIB再利用で仏2社と提携(09/13)

米GEの仏事業トップ、利益相反巡り捜査(09/12)

サウジ、欧米社に投資ライセンス付与(09/12)

仏中銀、第3四半期は0.3%の成長予想(09/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン