トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題

仏石油メジャーのトタルは21日、ドイツ北東部ザクセン・アンハルト州ロイナ(Leuna)の製油所で生産調整を行っていると明らかにした。ロシア産原油の汚染問題を受けたもの。ロイター通信が伝えた。 この問題を巡っては、4月にパイプライン「ドルジバ(Druzhba)」経由で輸送され…

関連国・地域: ドイツフランスポーランドチェコスロバキアハンガリーロシアウクライナベラルーシ
関連業種: 天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、5月は0.1%増加(06/19)

マルタ航空、API活用で18年ぶり黒字(06/19)

石油トタル、スパコン性能で業界首位に(06/19)

【欧州企業よもやま話】第282回:テイラーズ・ポート 英国商人が育んだポートワイン(06/19)

サノフィ、データ技術でグーグルと提携(06/19)

高級ブランドのシャネル、通期は16%増益(06/19)

川崎汽船、エアバス系企業の船舶用凧を採用(06/19)

金融11行、海運業界の脱炭素化への枠組合意(06/19)

スペイン、独仏の新型戦闘機開発に参画(06/19)

ロクシタン、通期の香港事業は9.9%増収(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン