独政府専用機、不具合で外相の訪問に遅延

ドイツ政府専用機に19日、またも不具合が発生した。これにより、ブルガリアの首都ソフィアを訪問予定だったマース外相は1時間ほど足止めを余儀なくされた。同様のトラブルは同外相にとって3度目。ドイチェ・ウェレが伝えた。 この専用機を操縦する予定だったパイロットによると…

関連国・地域: ドイツブルガリア米国アフリカ中南米
関連業種: その他製造運輸政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

VW、スペインの工場を部分的に再開へ(04/08)

独首相「最大の試練に直面」 EUの団結呼び掛け=新型コロナ(04/08)

鉱工業生産、2月は0.3%増加(04/08)

ルフト、ジャーマンウイングスの業務終了へ(04/08)

エアバス、独米工場でも操業停止(04/08)

ルフトハンザ、特別運航を5月3日まで延長(04/08)

独車の米国販売、4社がいずれも前年下回る(04/08)

フランクフルト空港、利用者が95.2%減少(04/08)

自動車輸出見通し、3月は過去11年で最低(04/07)

ブリュッセル航空、5月15日まで全便運休(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン