• 印刷する

ライアンエアー、通期は29%減益

アイルランドの格安航空大手ライアンエアーは20日、2019年3月通期の純利益が10億2,450万ユーロとなり、前期比29%減少したと発表した。競争激化に伴う運賃の下落と、燃料コストの高騰が響いた。

売上高は6%増の75億6,290万ユーロ。乗客数は1億3,910万人と7%増えている。搭乗率は96%と1年前から1ポイント上昇した。平均運賃は37ユーロと6%低下。1座席当たりの平均コストは9%上がり、燃料費を除くと5%上昇している。

同社は今期について、乗客数が8%拡大し1億5,300万人に達すると予想。運賃の下落とコストの上昇が引き続き続くとして、純利益は7億5,000万~9億5,000万ユーロにとどまるとの見方を示した。

ライアンエアーは昨年12月、傘下の墺ラウダモーション(LaudaMotion)の残り株25%を取得し、完全子会社化した。2019年3月通期の決算にはラウダモーションの数字は含まれていないが、今期からグループの業績に統合するとしている。


関連国・地域: アイルランドオーストリア
関連業種: 金融運輸天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ユーロ圏共通予算骨子で合意 財源や予算規模で協議継続(06/17)

駐在員の生活費、欧州首位はチューリヒ(06/17)

イスラエルのウェブ開発社、愛に新センター(06/14)

エストニア、有給出産休暇の長さで欧州首位(06/14)

ユーロ圏鉱工業生産、4月は0.5%減少(06/14)

テスコ、第1四半期は0.2%増収(06/14)

ライアンエアー、マルタ・エアーを買収へ(06/13)

小売りアルカディア、再建計画にゴーサイン(06/13)

テクノロジー企業の投資先、首位はロンドン(06/12)

ドイツ銀、資金洗浄防止手続きに重大な欠陥(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン