• 印刷する

ライアンエアー、通期は29%減益

アイルランドの格安航空大手ライアンエアーは20日、2019年3月通期の純利益が10億2,450万ユーロとなり、前期比29%減少したと発表した。競争激化に伴う運賃の下落と、燃料コストの高騰が響いた。

売上高は6%増の75億6,290万ユーロ。乗客数は1億3,910万人と7%増えている。搭乗率は96%と1年前から1ポイント上昇した。平均運賃は37ユーロと6%低下。1座席当たりの平均コストは9%上がり、燃料費を除くと5%上昇している。

同社は今期について、乗客数が8%拡大し1億5,300万人に達すると予想。運賃の下落とコストの上昇が引き続き続くとして、純利益は7億5,000万~9億5,000万ユーロにとどまるとの見方を示した。

ライアンエアーは昨年12月、傘下の墺ラウダモーション(LaudaMotion)の残り株25%を取得し、完全子会社化した。2019年3月通期の決算にはラウダモーションの数字は含まれていないが、今期からグループの業績に統合するとしている。


関連国・地域: アイルランドオーストリア
関連業種: 金融運輸天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

愛バラッカー首相、医師復帰で現場を応援(04/07)

アプティブと現代自、米で自動運転の合弁設立(04/06)

欧州委、加盟国の企業支援策を引き続き承認(04/01)

航空業界、新型コロナで44%の減収予想(03/26)

イージージェット創業者、保有機縮小に言及(03/25)

新型コロナの緊急失業手当、5.8万人が申請(03/23)

ルフトハンザ、新型コロナで座席数95%減(03/20)

航空各社、大半の便を運休=政府が支援も(03/17)

英政府、「遅延」段階に移行 欧州各国も対策強化=新型コロナ(03/13)

EU、空港の発着枠規則を緩和=新型コロナ(03/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン