欧州委、為替操作で日米欧の大手行に罰金

欧州委員会は16日、英金融大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)やバークレイズ、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)を含む日欧米6行が、2007~2013年に11種類の通貨のスポット市場を不正に操作していたとして、うち5行に計10億7,000万ユーロの罰金…

関連国・地域: 英国EUアジア米国欧州
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【今週の主な予定】9月20~24日(09/20)

ヤラ、アンモニア生産を縮小=ガス高騰受け(09/20)

台湾、EUに通商交渉の早期開始を要請(09/20)

ユーロ圏インフレ率、8月は3%=改定値(09/20)

ユーロ圏求人率、第2四半期は2.3%(09/20)

ユーロ圏建設業生産、7月は0.1%増加(09/20)

若年ニート率、イタリアが26%で欧州首位(09/20)

疑問符だらけ、英国の水素戦略 <連載コラム・エネルギーTODAY>第54回(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン