トランスネフチ「原油汚染の早期解決困難」

ロシアからパイプライン「ドルジバ(Druzhba)」経由で欧州に供給される原油の汚染問題を巡り、同パイプラインのロシア国内部分を運営する露国営トランスネフチは14日、短期間での解決は難しいとの見方を示した。同時に、責任は石油生産会社にあると主張している。ロイター通信が伝…

関連国・地域: ドイツポーランドチェコスロバキアハンガリーロシアウクライナ欧州
関連業種: 運輸天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

露、新型コロナ治療でアビガン後発薬を承認(06/02)

露の累計感染者、40万人突破=1日9千人増(06/02)

モスクワ、4月の感染死者数を2倍超に修正(06/01)

露「ノルドストリーム2は予定通り敷設」(06/01)

トルコ、LNG輸入がパイプライン上回る(05/29)

モスクワ市、6月1日から外出制限など緩和(05/29)

露政府、新油田の開発計画を承認=業界支援(05/29)

露とサウジ、協調減産の緊密な連携で合意(05/29)

ロシア、中国への原油輸出量でサウジ抜く(05/28)

ロシアの金生産量、昨年は9%増加(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン