• 印刷する

ボーダフォン、通期は赤字転落

英携帯電話サービス大手ボーダフォンは13日、2019年3月期の純損失が76億4,400万ユーロとなり、前期の27億8,800万ユーロの黒字から赤字に転落したと発表した。インド子会社と地場同業アイデア・セルラーの事業統合に絡む減損処理が響いた。

売上高は6.2%減の436億6,600万ユーロ。うち大半を占めるサービス収入は392億2,000万ユーロと継続事業・恒常為替レートベースで0.9%減っている。これを地域別に見ると、全体の7割以上を稼ぐ欧州は2.5%減少。中でもスペインが6.4%縮小し、イタリアは5.9%、英国は5.1%それぞれ落ち込んだ。半面、ドイツは0.5%のプラスを確保した。欧州以外の地域は6.1%増えている。

グループのEBITDA(利払い・税引き・償却前利益、特別損益除く)は141億3,900万ユーロと、1年前から4.1%減少した。

ボーダフォンは今年度について、特別損益を除くEBITDAが138億~142億ユーロになると予想している。


関連国・地域: 英国ドイツイタリアスペインアジア米国アフリカ中東中南米カナダ欧州
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

下院、3日間の審議日程否決 離脱協定法案が第2読会通過も(10/23)

投資プロサス、ジャスト・イートに対抗買収(10/23)

北ア、中絶が非犯罪化=同性婚は合法化(10/23)

ドイツ鉄道、子会社アリバの売却を見送りか(10/23)

資源リオ、米鉱山の尾鉱でリチウム生産も(10/23)

GSK、ババリアンに渡航ワクチン2種売却(10/23)

石油BP、スエズ湾油田権益の売却完了(10/23)

レボリュート、年末までに米国でカード発行(10/23)

政府、EVに緑色のナンバープレート導入へ(10/23)

離脱協定案の再採決を認めず 下院議長「繰り返し、秩序乱す」(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン