南部マズィルの製油所、石油精製を再開

ロシアからパイプライン「ドルジバ(Druzhba)」経由で欧州に供給される原油が汚染されていた問題で、ベラルーシの南部マズィル(Mozyr)の製油所は11日、販売可能な品質の石油精製を再開した。同国の国営石油化学会社ベルネフチキム(Belneftekhim)の発表を元に、イタルタス通信…

関連国・地域: ドイツポーランドチェコスロバキアハンガリーロシアウクライナベラルーシ欧州
関連業種: 天然資源サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

北京建工、ベラルーシに国際規格の水泳施設(05/26)

ベラルーシ、初の自動運転電気バスをテスト(05/22)

ベラルーシのMAZ、自社初の電気バス開発(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン