アルセロールミタル、第1四半期は65%減益

鉄鋼で世界最大手のアルセロールミタル(ルクセンブルク)は9日、第1四半期(1~3月)の純利益が4億1,400万ドルとなり、前年同期比65.3%減少したと発表した。経済活動の停滞や鉄鋼の過剰生産に伴う採算性の悪化が響いた。 売上高は前年からほぼ横ばいの191億8,800万ドル。出…

関連国・地域: ルクセンブルク
関連業種: 鉄鋼・金属天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鉄鋼A・ミタル、2050年までに炭素中立化へ(06/29)

アルセロール・ミタル、南アで人員整理へ(06/22)

A・ミタル、環境汚染巡り南アで罰金支払い(06/12)

A・ミタル、イルバの製鉄所で労組がストへ(06/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン