• 印刷する

ロシア機が炎上、41人死亡 モスクワ空港への緊急着陸後に

ロシアの首都モスクワのシェレメチェボ空港で5日午後6時半ごろ(現地時間)、アエロフロート・ロシア航空の旅客機が緊急着陸後に炎上し、乗客乗員41人が死亡した。捜査当局の発表を元に、BBC電子版などが伝えた。

炎上したのはアエロフロートの旅客機「スホーイ・スーパージェット100」で、乗員乗客合わせて78人が搭乗していた。シェレメチェボ空港を同日午後6時ごろ離陸し、北西部ムルマンスク(Murmansk)に向かう予定だった。旅客機の乗員は、機体が離陸直後に悪天候の中で「機能不全」に陥ったため、遭難信号を送ったという。旅客機は緊急着陸した後、滑走路上でエンジンに引火し炎上。乗客は避難用スライドを滑り降り、機体から脱出した。

機体は落雷を受けたとの情報があるが、アエロフロートは「技術的問題」により空港に引き返したと説明。詳細については明らかにしていない。捜査当局は、パイロットが航空安全規則に違反していないかなど、事故原因について捜査を進めている。

プーチン大統領とメドベージェフ首相は今回の事故を受け、犠牲者や遺族に対し哀悼の意を表している。


関連国・地域: ロシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ロシア初の量産EV、来年にも市場投入(11/27)

欧州医薬品庁、露のワクチン開発元と協議か(11/27)

ヤンデックス、イスラエルで食品宅配開始へ(11/26)

ロシア製ワクチン、価格は1人20ドル以下(11/26)

露フリゲートに初の国産パワーユニット(11/26)

米グーグル、ロシアで行政手続き(11/25)

ロシア、対ベトナム輸出が増加=石炭は低迷(11/25)

【中村航の西方見聞録】モスクワで巨大銀行がアマゾン化 意外な金融最先端都市?(11/24)

ロシア、道路建設に3年で1兆ルーブル調達(11/24)

露政府、外国エージェントへの締め付け強化(11/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン