• 印刷する

ダンスケ銀、各国当局の監督不行き届きなし

欧州銀行監督機構(EBA)は17日、デンマークの金融大手ダンスケバンクのエストニア支店で大規模なマネーロンダリング(資金洗浄)が行われていたことを巡り、デンマークとエストニアの金融監督当局による欧州連合(EU)法への違反はなかったとの判断を示した。

ダンスケバンクは昨年9月、2007~2015年にエストニア支店でマネーロンダリングが疑われる総額2,000億ユーロの取引が行われていたことを認めた。これを受け、欧州委員会は同月、両国の金融監督庁(FSA)がEU法に基づく同行への規制監督機能を果たしていなかった疑いがあるとしてEBAに調査を要請。EBAは直ちに予備調査に着手し、今年2月には本格的な調査を開始していた。

EBAはこの日、「エストニアFSAとデンマークFSAのEU法違反の可能性を巡る正式な調査を完了し、16日の理事会採決でEU法違反の手続きを否決した」と発表した。

ロイター通信によると、この問題を巡っては、両国のFSAが公然と互いを非難。また、各国FSAと金融機関との癒着も懸念されており、欧州議会からはEUレベルでの監督強化を求める声が上がっている。[EU規制]


関連国・地域: EUデンマークエストニア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

首相、離脱方針の新提案公表 与野党から内容に批判噴出(05/23)

中欧4カ国、担当相らが高速鉄道の建設支援(05/23)

スペイン製造業受注、3月は1.9%減少(05/23)

日欧EPA、活用するチェコ企業は3分の1(05/23)

閣僚理事会、使い捨てプラ規制案を採択(05/23)

独で連銀総裁をECB次期総裁に推す動き(05/23)

B・スチールが清算手続きに 政府との融資交渉が失敗(05/23)

塩野義、モルテニと便秘症治療薬の販売契約(05/23)

チェコ新法相への抗議デモ、5万人に拡大(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン