• 印刷する

ダンスケ銀、各国当局の監督不行き届きなし

欧州銀行監督機構(EBA)は17日、デンマークの金融大手ダンスケバンクのエストニア支店で大規模なマネーロンダリング(資金洗浄)が行われていたことを巡り、デンマークとエストニアの金融監督当局による欧州連合(EU)法への違反はなかったとの判断を示した。

ダンスケバンクは昨年9月、2007~2015年にエストニア支店でマネーロンダリングが疑われる総額2,000億ユーロの取引が行われていたことを認めた。これを受け、欧州委員会は同月、両国の金融監督庁(FSA)がEU法に基づく同行への規制監督機能を果たしていなかった疑いがあるとしてEBAに調査を要請。EBAは直ちに予備調査に着手し、今年2月には本格的な調査を開始していた。

EBAはこの日、「エストニアFSAとデンマークFSAのEU法違反の可能性を巡る正式な調査を完了し、16日の理事会採決でEU法違反の手続きを否決した」と発表した。

ロイター通信によると、この問題を巡っては、両国のFSAが公然と互いを非難。また、各国FSAと金融機関との癒着も懸念されており、欧州議会からはEUレベルでの監督強化を求める声が上がっている。[EU規制]


関連国・地域: EUデンマークエストニア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

緩和長期化の方針示されたECBの戦略検証 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第28回(07/30)

ベラルーシ反体制派、バイデン大統領と会談(07/30)

EBRD、エジプトのドライポートに融資(07/30)

英、欧米のワクチン接種完了者の隔離免除(07/29)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

EU、成人の7割に初回接種の目標達成(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン