英国内線のフライト数、過去10年で2割減少

英国国内線のフライト数が、過去10年で約20%減少している。税金の増大や鉄道サービスの改善、市場の経済状況が背景にあるという。英民間航空局(CAA)のデータを元に、フィナンシャルタイムズが14日伝えた。 それによると、年間乗客数が1,000人以上の国内線のフライト数は、2…

関連国・地域: 英国EU
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

首相、6月に辞任時期表明へ ジョンソン氏が党首選に意欲(05/17)

ネスレ、スキンヘルス事業売却巡り独占協議(05/17)

VTB銀、ルストランスコムの株式取得も(05/17)

欧州委員長の候補者が討論会 主要会派の6人が激論交わす(05/17)

送電ナショナル・グリッド、通期は31%減益(05/17)

ミシュラン、英マスターノートを買収で合意(05/17)

高級ブランドのバーバリー、通期は7%増益(05/17)

欧州委、為替操作で日米欧の大手行に罰金(05/17)

ユーロ圏貿易収支、3月は黒字縮小(05/17)

トーマス・クック、中間期は赤字が大幅拡大(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン