英国内線のフライト数、過去10年で2割減少

英国国内線のフライト数が、過去10年で約20%減少している。税金の増大や鉄道サービスの改善、市場の経済状況が背景にあるという。英民間航空局(CAA)のデータを元に、フィナンシャルタイムズが14日伝えた。 それによると、年間乗客数が1,000人以上の国内線のフライト数は、2…

関連国・地域: 英国EU
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

ジョンソン氏が保守党党首に 次期首相への就任決まる(07/24)

英、欧州主導のタンカー保護作戦を呼び掛け(07/24)

スーパー売上高、直近12週間は0.5%減少(07/24)

デベナムズ、救済巡る訴訟で出資社が撤退(07/24)

塩野義、緑膿菌抗体の導出でAMRと契約(07/24)

クリスティーズ、タイでコンドミニアム販売(07/24)

英・自由民主党、初の女性党首が誕生(07/24)

BAのパイロット、スト実施を支持(07/24)

与党党首選、きょう結果発表 ジョンソン氏の当選濃厚(07/23)

BA、安全上の懸念でカイロ便を7日間停止(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン