テスコ、通期は34%増益=コスト削減奏功

スーパー英最大手テスコは10日、2018/19年度(2月23日までの52週間)の営業利益(特別損益除く)が22億600万ポンドとなり、前期比34%増加したと発表した。人員整理を含むコスト削減策が奏功した。 売上高(ガソリン・VAT除く)は11.5%増の568億8,300万ポンド。既存店・恒常…

関連国・地域: 英国ドイツアイルランドアジア
関連業種: 食品・飲料金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

接触追跡プログラム、イングランドで開始(05/29)

日産、バルセロナ工場を閉鎖 英サンダーランド工場は維持(05/29)

イージージェット、従業員を最大3割削減へ(05/29)

イーストミッドランズの交通整備計画を公表(05/29)

英、人口当たり新型コロナ死者数が欧州最多(05/29)

CKハチソン、O2買収阻止で欧州委に勝訴(05/29)

英政府、一時帰休手当の新規受け付け終了へ(05/28)

スーパー売上高、直近12週間は14.3%増加(05/28)

EDF、サイズウェル新原発の建設計画申請(05/28)

英政府、COP26開催の来秋延期を提案(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン