5G周波数の入札額が高騰=コスト拡大も

ドイツで行われている第5世代(5G)移動通信ネットワーク向けの周波数帯域の入札で、各社が応札額を引き上げている。4日午前時点の応札総額は29億ユーロに達しており、最終的な落札価格が高騰すれば料金に反映される可能性もある。ロイター通信が伝えた。 今回の割り当て入札…

関連国・地域: 英国ドイツスペイン
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ウクライナ、欧州評議会から公使を召還(06/27)

消費者信頼感、7月は悪化 収入の見込み悲観視=GfK(06/27)

【ウイークリー統計】第40回 家族形態とキャンプの行き先(06/27)

アウディ、ハンガリーで官学提携の研究拠点(06/27)

独、外国車両通行料の導入中止で巨額損失(06/27)

高級車BMW、電動モデル投入計画を前倒し(06/27)

ポルシェ、カイエンなど34万台リコールへ(06/27)

VW、韓国SKと車載用電池の合弁を設立(06/27)

ドイツ銀、豪事業から撤退も(06/27)

台湾2社、欧州で電動自転車の生産拡大(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン