• 印刷する

英政府、ノーザン・ロックのローン資産売却

英政府は、金融危機で国有化された中堅銀行ノーザン・ロックのバッドバンク(不良債権買い取り機関)、ノーザン・ロック・アセットマネジメント(NRAM)が保有する49億ポンド相当の住宅ローン資産を米金融シティグループと米資産運用会社パシフィック・ インベストメント・マネジメント(PIMCO)に売却することで合意した。NRAMを管理するUKアセット・レゾリューション(UKAR)が2日明らかにした。

これによりUKARは、政府からの約40億ポンドに上る借入残高の全額を財務省に返済する。売却が完了すれば、UKARのバランスシートは80億ポンドに圧縮され、2010年のUKAR創設時から93%縮小することになる。政府は昨年10月に発表した2019/20年度の予算案で、2020年3月までにUKARの資産を全て売却する方針を示していた。

今回の資産売却先の選択に当たっては、売却後も住宅ローンの条件を変更しないなど、ローン顧客に対する公正な扱いの徹底が重視された。顧客は今後も、住宅ローンの借り換えを含めて同じ保護を受けられる。

ノーザン・ロックは2008年に国有化され、翌年に不良資産を継承するNRAMを分離。ノーザン・ロック本体は2011年、ヴァージン・グループの金融部門ヴァージン・マネーに売却されている。[M&A]


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

離脱協定案の再採決を認めず 下院議長「繰り返し、秩序乱す」(10/22)

重大不正局、LIBOR不正操作の捜査終了(10/22)

資源BHP、チリ銅山で再生可能エネ導入へ(10/22)

ボンマルシェ、管財人の管理下に(10/22)

アストラゼネカ、糖尿病治療薬が米国で承認(10/22)

シェル、エジプトの陸上上流資産を売却へ(10/22)

ワイヤーカード、KPMGに独立調査委託(10/22)

タイ人の英不動産投資、バーツ高で倍増(10/22)

英政府、離脱広告から10月31日の期限を削除(10/22)

スコッチウィスキー10万ポンド相当盗難被害(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン