海運ハパックロイド、通期は32%増益

独海運大手ハパックロイド(Hapag-Lloyd)は22日、2018年12月期の純利益が3,680万ユーロとなり、前年から31.9%上昇した。年前半には燃料コストやチャーター費用がかさみ、貨物運賃の回復ペースも予想を下回ったが、後半に世界的な輸送量の増加やコストの減少などを背景に盛り返し…

関連国・地域: ドイツ
関連業種: 運輸天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

EU、北マケドニアの加盟交渉開始を承認へ(06/18)

ドイツ銀、投資銀行部門の抜本改革を検討(06/18)

シーメンスガメサ、台湾で風力タービン受注(06/18)

ルフトハンザ、通期見通しを下方修正(06/18)

ユーロ圏求人率、第1四半期は2.3%で横ばい(06/18)

スカニア、電動自動運転コンセプト車両公開(06/18)

トルコ自動車生産、5月は7.9%減少(06/18)

仏PSA、EVバッテリーを欧州で生産へ(06/18)

独経済、第2四半期はやや減速=連銀(06/18)

独高級車3社、BMWがプラス維持(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン