ゴーン被告、地裁が保釈認める=10億円で

東京地方裁判所は5日、会社法違反(特別背任)などの罪で起訴された日産自動車の前会長のカルロス・ゴーン被告の保釈を認める決定を下した。保釈保証金10億円の納付と、国外への渡航禁止、住居への監視カメラ設置などが条件。東京地検は決定を不服として、準抗告を申し立てている…

関連国・地域: フランスアジア
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

仏、感染抑制地域で6月2日から飲食店再開(05/29)

建材サンゴバン、シーカの全保有株を売却(05/29)

仏政府、国内自動車産業に80億ユーロを支援(05/28)

ルノー・日産・三菱連合、新事業モデル発表(05/28)

EDF、サイズウェル新原発の建設計画申請(05/28)

仏GDP、第2四半期は20%縮小も(05/28)

製造業景況感、5月はやや改善(05/28)

衣料品カマイユ、管財人の管理下に(05/28)

仏エアバスなど、機内のウイルスの動き研究(05/28)

新型コロナ、軽症者でも十分な免疫を獲得(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン