ポーランド産鶏肉、チェコ北部で菌検出

家畜衛生当局(SVS)は2月28日、チェコ北西部ロウニ(Louny)で、ポーランド産鶏肉1,200キログラムからサルモネラ菌が検出されたと発表した。同国では先にポーランド産牛肉からも菌が検出されている。 今回、菌が検出されたのは、ロウニにある卸業者Petr Novotny-Gastroplusが…

関連国・地域: EUチェコスロバキアスロベニア
関連業種: 農林・水産サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

英鉄鋼リバティー、チェコで2割減産へ(07/18)

チェコ社民党、文化相交代を連立残留条件に(07/17)

ハンガリーのPVCメーカー、工場拡張(07/16)

チェコ北部の踏切で車と列車衝突、4人死亡(07/16)

投資会社PPF、露ポリメタルの株式売却(07/12)

ギリシャ北部で嵐、6人死亡=百人超負傷(07/12)

チェコのインフレ率、6月は2.7%に減速(07/12)

チェコ小売売上高、5月は2.7%増加(07/12)

スマートウイングス機、ブダペスト緊急着陸(07/12)

アルミのDGS、チェコ北部に工場新設へ(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン