• 印刷する

ダイムラーとBMW、自動運転技術で提携

独自動車大手のダイムラーとBMWは2月28日、自動運転技術を共同開発すると発表した。まず、米自動車技術者協会(SAE)の定める「レベル3」(条件付き自動運転)と「レベル4」(高度自動運転)の技術を開発し、2020年代半ばまでに商業化する計画。長期的な提携も予定している。

両社はこれに向け、覚書(MOU)を交わした。当初は次世代の運転支援システムや高速道路での自動運転、自動駐車など「レベル4」までの技術の開発を目指す。加えて、都市部での運転に対応するより高度な自動運転技術を共同開発する可能性についても検討する予定。また、他のテクノロジー企業や自動車メーカーとの提携の可能性も探るとしている。

世界の自動車メーカー各社は、自動運転車の莫大な開発コストの負担を軽減するため、他社との提携の道を探っている。独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は1月、米フォード・モーターと自動運転車での協力に向け覚書(MOU)を締結。ホンダと米ゼネラルモーターズ(GM)も昨年10月に提携を結んでいる。

米ゴールドマン・サックスによると、高度運転支援システム(ADAS)や自動運転車の市場は、2015年の30億ドルから、2025年までに960億ドル、2035年までに2,900億ドルへの急成長が見込まれている。


関連国・地域: ドイツアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

デンマーク、初のCO2貯蔵免許を交付へ(02/07)

独新車登録、1月は2.6%減少(02/07)

VWのロシア工場、地場投資会社が取得検討(02/07)

リンデ、OCI米工場にクリーン水素供給へ(02/07)

独の風力発電、国土の2%に=ショルツ首相(02/07)

高級車BMW、メキシコに8億ユーロ投資(02/07)

製造業受注、12月は3.2%増加(02/07)

自動車部品ボッシュ、通期は15.6%増益(02/06)

ヒートポンプ販売台数、2022年は53%増加(02/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン