広告WPP、通期は30.6%減益

広告で世界最大手の英WPPグループは1日、2018年12月期の税引き前利益が14億6,300万ポンドとなり、前期比30.6%減少したと発表した。同社はマーティン・ソレル前最高経営責任者(CEO)の辞任を受けて、経営改革に取り組んでおり、事業再編コストなどがかさんだ。 売上高は1…

関連国・地域: 英国アジア米国アフリカ中東中南米カナダ欧州
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

学術出版エルゼビア、ノルウェー大学と契約(04/24)

ルクセンブルクのジャン前大公が逝去(04/24)

ノルドストリーム2に黄信号 欧州委員長候補、敷設阻止の意向(04/24)

政府と労働党が協議再開 EU離脱方針巡り閣僚級が交渉(04/24)

トランプ米大統領、6月に英国を公式訪問(04/24)

ホテルベッズ、低価格ホテルの印オヨと提携(04/24)

英国の発電所、「コールフリー」で記録更新(04/24)

バークレイズ、投資銀部門のボーナス減額へ(04/24)

BAT、マでのたばこ生産拡大を検討(04/24)

独武器輸出高、第1四半期は1億ユーロ減(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン