公益事業エンジー、通期は予想大きく下回る

仏公益事業大手エンジー(Engie、 旧GDFスエズ)は2月28日、2018年12月期のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が92億3,600万ユーロとなり、前期比0.4%増加したと発表した。ベルギー原発の計画外停電を受けてベネルクスの売り上げが落ちたことが響き、市場予想を大幅…

関連国・地域: フランスベルギールクセンブルクオランダアジア米国アフリカ中東中南米カナダ欧州
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

キングスパン、ベルギー社の2事業に買収案(04/18)

アグリコル、西サンタンデールと事業統合へ(04/18)

マクロン大統領「5年でノートルダム再建」(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ユーロ圏貿易収支、2月は黒字拡大(04/18)

独政府専用機またも緊急着陸=旅客便に影響(04/18)

防衛タレス、印カルヤニと兵器開発で提携(04/17)

カルフール、店内店舗で中国・国美と提携(04/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン