公益事業エンジー、通期は予想大きく下回る

仏公益事業大手エンジー(Engie、 旧GDFスエズ)は2月28日、2018年12月期のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が92億3,600万ユーロとなり、前期比0.4%増加したと発表した。ベルギー原発の計画外停電を受けてベネルクスの売り上げが落ちたことが響き、市場予想を大幅…

関連国・地域: フランスベルギールクセンブルクオランダアジア米国アフリカ中東中南米カナダ欧州
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日産、ルノー参加の指名委員会設立を承認(06/26)

製造業景況感、6月は過去3年弱で最低(06/26)

エネコ巡る入札、仏トタルと伊エネルが断念(06/26)

エアバスの「空飛ぶタクシー」が実用化も(06/26)

高級ブランドSMCP、De Fursacを買収へ(06/26)

伊藤忠、仏物流ビッグデータ企業に出資(06/26)

カルフール、中国事業を蘇寧易購に売却(06/26)

ユーロスター、酒類持ち込み制限を正当化(06/26)

エアバス、パリ航空ショーの受注合戦で勝利(06/25)

フィジャック・アエロ、サウジ社と合弁設立(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン