• 印刷する

蘭政府、14%まで株買い増し エールフランスKLM巡り緊張

オランダ政府は27日夜、仏蘭資本の航空大手エールフランスKLMの株式を14%まで買い増したと発表した。取得額は7億4,400万ユーロで、前日時点の12.7%から出資比率をさらに引き上げた。これで同社への出資比率がフランス政府と同水準に達したため、これ以上の株式購入はないとしているが、両国間の緊張がさらに高まっている。

蘭政府は26日、エールフランスKLMの株式を追加購入したことを明らかにした。近年はKLMオランダ航空の事業戦略における重要な決定は親会社のエールフランスKLMレベルで行われることが増えたため、経営構造を巡る協議で困難に直面したと説明。これを受け、「直接的な関与」が必要だと判断したとしている。

フランスのマクロン大統領は、蘭政府からこの決定についても実行についても連絡を受けなかったとし、「意図を明確にするかはオランダ政府次第だ」とコメント。ルメール仏経済財務相は3月1日にフクストラ蘭財務相とパリで会談する予定で、今回の動きは「誰の利益にもならない」と批判している。

AFP通信によると、エールフランスKLMのベンジャミン・スミス新最高経営責任者(CEO)が、KLMの運航便の一部をアムステルダムのスキポール空港からパリに移す可能性が取り沙汰されていることが騒動の背景にある。同CEOは先にKLMとの統合強化を巡る膠着(こうちゃく)状態を打開するため、4月で任期満了を迎えるKLMのピーター・エルバースCEOを再任すると明らかにしていた。

エールフランスは2004年にKLMと経営統合し、持ち株会社エールフランスKLMを創設して両ブランドを展開。蘭政府はこれまで、KLMに5.9%出資していた。[M&A]


関連国・地域: フランスオランダ
関連業種: 金融運輸

その他記事

すべての文頭を開く

オランダ鉄道、今後数年で2300人整理へ(07/02)

シェル、最大220億ドルの減損損失を計上へ(07/01)

タタの蘭製鉄所でスト再開=人員削減巡り(06/30)

メルケル首相、マクロン仏大統領と会談(06/30)

KLM航空、オランダ政府が34億ユーロ支援(06/29)

オランダ、7月1日から規制を大幅緩和(06/26)

オランダ鉄道、新CEOに初の女性起用(06/26)

FCA、63億ユーロの政府融資保証を獲得か(06/25)

ダイムラー、排ガス不正巡りオランダで訴訟(06/25)

仏・オランダ、EU復興計画巡り首脳会談(06/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン