小売りカルフール、通期は3.4%減益

小売りで世界2位の仏カルフールは2月28日、2018年12月期の営業利益(特別損益除く)が19億3,800万ユーロとなり、前期比3.4%減少したと発表した。ブラジルが堅調だったものの、足元フランスでの競争激化や反政府デモの「黄色いベスト」運動の影響が響いた。 売上高は761億9,900…

関連国・地域: フランススペインアジア中南米欧州
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

仏新首相にカステックス氏 封鎖措置緩和の指揮担当の官僚(07/06)

FCA、仏PSAとの合併条件「変更なし」(07/06)

エールフランス、2年間で6500人整理か(07/03)

エニ、エジプト沖でガス鉱床発見(07/03)

ジャーマンウイングス機事故の遺族ら敗訴(07/03)

エアバスが1.5万人削減へ 新型コロナ打撃、過去最大規模(07/02)

仏新車登録台数、6月は今年初の増加(07/02)

ボルト、パリで電動自転車レンタルを開始(07/02)

独、EU理事会議長国に就任 新型コロナ危機からの復興に注力(07/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン