小売りカルフール、通期は3.4%減益

小売りで世界2位の仏カルフールは2月28日、2018年12月期の営業利益(特別損益除く)が19億3,800万ユーロとなり、前期比3.4%減少したと発表した。ブラジルが堅調だったものの、足元フランスでの競争激化や反政府デモの「黄色いベスト」運動の影響が響いた。 売上高は761億9,900…

関連国・地域: フランススペインアジア中南米欧州
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【ウイークリー統計】第40回 家族形態とキャンプの行き先(06/27)

仏消費者信頼感、6月は過去14カ月で最高(06/27)

ウクライナ、欧州評議会から公使を召還(06/27)

バンク・ポスタル、CNP買収を当局が承認(06/27)

キャップジェミニ、アルトランを買収(06/27)

トタルとタロー、ケニアで油田開発へ(06/27)

仏裁判所「政府の大気汚染対策は不十分」(06/27)

独アウトバーンで速度制限=熱波の影響で(06/27)

日産、ルノー参加の指名委員会設立を承認(06/26)

製造業景況感、6月は過去3年弱で最低(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン