• 印刷する

化学BASF、通期は22.6%減益

独化学大手BASFは26日、2018年12月期の純利益が47億700万ユーロとなり、前期比22.6%減少したと発表した。自動車産業の低迷や、夏場のライン川の水位低下により船での原材料調達が滞ったことが響いた。

売上高は2.4%増の626億7,500万ユーロ。うち3割弱を占める機能性材料部門が3%伸びたほか、農業化学部門は8%拡大した。化学部門は1%増えている。一方、高性能製品部門は2%減少した。グループのEBIT(利払い・税引き前利益、特別損益除く)は63億5,300万ユーロと16.9%縮小している。

第4四半期に限ると、純利益は3億4,800万ユーロと大きく77.4%減少。売上高は2.3%増の155億8,600万ユーロだった。

BASFは今年について、国内と欧州連合(EU)域内からの伸びは減速するものの、米国では堅調に拡大するほか、ブラジルでも引き続き経済が回復すると予想。売上高と特別損益を除くEBITがわずかに伸びるとみる。なお欧州委員会は1月、BASFによるベルギー同業ソルベイのポリアミド(ナイロン)事業の買収を、ソルベイの拠点4カ所の売却などを条件に承認すると発表した。


関連国・地域: ドイツEUベルギー米国中南米
関連業種: 自動車・二輪車化学農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

独、自動車向け半導体不足で台湾に支援要請(01/26)

ノルドストリーム2、敷設船が作業を再開(01/26)

ベルリン農相会合、76カ国が食料確保で協議(01/26)

独建材ハシト、ルーマニアで新拠点取得か(01/26)

Ifo企業景況感、1月は過去半年で最低(01/26)

仏エアバス、独北部工場で約500人が隔離(01/26)

独政府、トランプ氏使用の抗体治療を導入へ(01/26)

ブリティッシュボルト、シーメンスと提携(01/26)

独ティッセンクルップ、ハンガリーに新拠点(01/25)

三菱重工など、独の水素プロジェクト推進(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン